インプラント治療って

インプラントの治療とは

インプラントの術式とは

インプラントの術式としては、1回法とよばれる方法があります。どちらも失ってしまった歯の根元にあたる部分のあごの骨に対して、最初にチタンでできた金属のネジ状の部品を埋め込む手術をすることにかわりはありません。その後については、1回法の場合には、金属の部品のヘッドの部分を露出させておいて、あとから人工歯を取り付けやすくしておくのです。、1回法は手術の回数が少なくて済みますが、個々のケースによる向き・不向きがあるため、担当の歯科医師とよく相談した上で、適切なほうを採用します。

オールオン4の魅力について

オールオン4は最低限のインプラントだけで多数の人工歯を装着できる最新の方法です。それによって手術の回数や患者にかかる負担を軽減できるのが魅力です。骨量が少ない人や総入れ歯の人には特に適している方法です。骨質の強い部分にインプラントを埋め込むことで、骨量が少ない人や骨の硬さが乏しい人でも行うことができるのです。埋め込むインプラントが少ないので短期間で済ませることができ、費用も大幅に節約することができます。オールオン4はこれまでのインプラント治療にあった多くの問題を解消してくれる非常に優れた技術なのです。

オールオン4なら東京でこちらのクリニックがおすすめ。
たった1日でしっかり噛めるようになります。口元が劇的に変わり様々な悩みから解放されますよ。こちら。